読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

【レシピ】味噌汁の風味を変えたいときにオススメの具材3つ

料理のレパートリー

 

私は恥ずかしながら実家ではほとんど料理をせず、台所は母に任せっぱなしの学生時代でした。

一人暮らしをするようになってからは自炊だったんですが、

自分一人だとそんなに料理に凝らないタイプなので、てきとーに作っていました。

けれど結婚してからは、だいぶ気を使うようになり。

 

一時期批判を浴びていたこともありますが、レシピはクックパッドで見たり。

母が持たせてくれたオレンジページ読んだり。

本当に困ったら母に電話します。

(一度「炊き込みご飯の水加減はどの目盛りを見るのか」を母に聞いたら、「勘で」と言われました。失敗しました。)

 

 

 

そんな頼りない私ですが、自分自身が食についてのこだわりが薄いので、

逆に「夫が好きな料理」を作ることには長けてきた気がします。

夫はけっこう食にうるさいタイプなんですが、だからと言って「料亭の味」や「おふくろの味」を目指すことはないんですよね。

一人に対応すればいいだけなんです。

 

 

というわけで、レシピの話です。

だいたい和食なので、毎日のように味噌汁を作っています。

味噌汁も、毎日「わかめと豆腐」では飽きるのでレパートリーが必要。

 

たまにはこういうのもいいんじゃない?というレベルの話ではありますが、「我が家で喜ばれる味噌汁の具材」について紹介したいと思います。

食卓がマンネリになって困っている人の助けになれば。

 

 

オススメしたい味噌汁の具材

 

1・南関あげ

 

いきなり地方色が強くてすみません。これ、関東でも売ってるんでしょうか…?

熊本名産なんですが、多分九州なら普通にスーパーに売ってます。豆腐の近く。

九州フェアとかあれば目にしたことがあるかも。

 

南関あげは油揚げとは違って、薄くてパリパリなんです。手でさくっと割れる。

味噌汁の仕上げに割り入れるだけなのでとても簡単。

 

これを入れることで味噌汁がちょっと濃厚になるというか、薄く油が入るので味わいが濃くなります。

おうちで作るラーメンの具にも最適。

(愛媛には「松山揚げ」というものがあるそうですが、ほとんど同じです)

 

 

2・ごぼう

 

根菜を入れるならごぼうがオススメです。

味噌汁にごぼうとなると豚汁のイメージが強かったので、日頃はそんなに入れてなかったんですが、

入れてみると、あら美味しい!

 

あまり火を通しすぎない方が風味がいいので、薄めに切って水にさらしておいて味噌をとく寸前に投入。

何度も煮立てない方がいいですが、煮過ぎてくたくたになっても美味しいです。

新鮮なごぼうがあれば、それだけでごちそう感倍増です。

人参も一緒に入れると相性がいいですよ。根菜コンビ。

 

 

3・大葉

 

心底オススメなのが、大葉です。

味噌汁に大葉を入れると、一気に非日常の味が演出できます。

具材というよりただの薬味なんですが、すばらしい働き!

これは刻んで最後に投入するだけなので、ものすごく簡単です。でもその効果たるやすばらしいです。「料亭か?」ってなります。

 

普段からアクセントとしてネギを入れることはありますが、薬味的働きとしては大葉の方が圧倒的に強いです。大葉最強。

一緒に入れるなら大根かナスがオススメ。でも何でもありです。

 

 

 

3つ挙げてみましたが、いかがでしょうか?

いつも同じ味付けじゃ飽きるけど、味噌味自体は変えようがない、ということで「風味を変えてみよう!」というオススメレシピでした。

体にもいいので、ビバ味噌汁!

 

 

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。