きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

【音楽】まだ見ぬ人のことを延々と待って生きていくのがとても嬉しい。

どういう切り口にするか悩みます

 
とても無責任で、ミーハーで野次馬な個人的関心事について書きたいと思っていて、どういう切り口にしても下世話すぎる気がしてどんよりしますが、でもやっぱりとても言いたいので書きたいと思います。
 
 
みなさん、チャットモンチーっていうバンドを知ってますか?
徳島出身の女性スリーピースバンドだったんですが、少し前にドラムの子が脱退して2人になっています。
けっこう有名なので知られてますよね。えーと、じゃあボーカルのえっちゃんって分かります?
名前は知らなくても、声を聴いたら分かるかもですね。
 

 


チャットモンチー 染まるよ live - YouTube

 

えっちゃんの声はすごく伸びがよくて、昔からすごく素直な歌詞を書くので私はとても好きなんです。

『染まるよ』の「あなたがくれた言葉 正しくて色褪せない でももういらない」というところとか、好きです。

 
 
そしたらですね、えっちゃんが結婚していてお子さんがいることは知ってます?
 
その旦那さんがですね、これまたロックバンドtacicaのボーカルなのです。猪狩(いがり)さんと言います。
 
私はここ3年くらいtacicaがけっこう好きで、前に記事にも載せてます。
 

【音楽】メロディがなければ感動はない・男性ボーカル邦楽ロック編 - きまやのきまま屋

 

 tacicaは最近アニメ『宇宙兄弟』のオープニングに起用されてます。

(画像は見えないっぽいですが、貼っておきます)

 


宇宙兄弟op HALO - YouTube 

 

 いい声だなぁと、思うんです。
 
そしてまたこの猪狩さんの歌詞が面白いんですよね。暗い時もあれば妙にさっぱりしていて力強く、回文だか韻だか踏みまくって楽しい。
「絡まった空の体だから」(からまったからのからだだから)みたいな?ことをよく言ってます。笑。
 
 
私が猪狩さんの歌詞ですごいなぁと思ったのはいくつもあるんですが、
『HALO』の歌詞も二番に「体は日増しに器用になって 心は間に合わなくって泣いてる」とか、
他の『CAFFEINE 珈琲涅』という曲の「自転車をほらロケットと呼べよ。くだらないとはつまらないことか」とか、
いいなぁと思います。
 
 
 

何が言いたいのかというと

 
前置きが長くなりましたが、本題です。
猪狩さんとえっちゃんの子どもが大きくなって歌を作って歌うようになるまで、
楽しみで、それだけで私は生きていけるなぁ、と思っているんです。
 
 
もちろんその子どもが別に歌手にもならないかもしれないんですけど、別に好きな職業についてもらって全然構わないんですけど、それでも、その子が生きている限りですね、
声が聞けるかもしれない、詩を読めるかもしれない、とずっと思っていてもいいわけじゃないですか。
すごくいいだろうなぁ、と、夢想していてもいいわけじゃないですか。
 
 
こちとらただのファンですし、歌ってくれとか伝えることもできないわけなので、勝手に夢見ることができるじゃないですか。
 
本当に別に歌手にならなくって他の職業に就いたとしても、そこにそのまだ聴かぬ声とまだ見ぬ詩が存在して(もしくは外には出ないままでも)いる、というだけで、いいなぁ、と。
 
素晴らしいものが未来に待っていると。
そういうのすごく、楽しいなぁ、嬉しいなぁ、と思っています。
全然他人の子どもに対して、かなり無責任でミーハーで野次馬で下世話な話ですが。
 
そんなことを楽しみにしながら生きている、きまやでした。

 

チャットモンチー BEST~2005-2011~(初回生産限定盤)(DVD付)

チャットモンチー BEST~2005-2011~(初回生産限定盤)(DVD付)

 
HALO

HALO

 
【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。