読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

【GW日記2】はてなにはてなん。ブログは果て無。

ブログ 雑文・日記 はてな

http://instagram.com/p/mcOxLUB0mm/

のびー。

 

 

こんばんは、餃子をうまく焼けない主婦きまやです。鍋底が憎い。

ふと思いついてブログテーマを変えてみました。

最近サイドバーの最新記事と注目記事にサムネイル画像が付けられるようになったので(はてなの開発チームってすごいですね…)、今までよりも画面上に画像が多くなっています。前は画面がシンプルすぎる気がしていたので背景に写真つけてたんですが、こうなると背景は逆に邪魔かも、と思って変えました。

文字がしっかり読めて本の書影が目立てばいい、と思っているのですがどうでしょう?

 

あとはテーマカラーを水色にしたい気分だったので、なんとなく水色な感じにしています。これも自分で作った方がいいかと思うので、いつか作りたい。

今は花が飛んでいますね。ふふん。

(このあたりは全部PC表示の話です)

 

キーカラーで探せる配色見本ハンドブック

キーカラーで探せる配色見本ハンドブック

 

 

ブログのこと

 

4月の記事数は18記事でした。ブログを始めた2月には37記事あったので、半減しています。

これは色々な文章を書いている人は分かると思うんですが、今までブログをしていなかった間に自分の中に溜まっていたことをあらかた吐き出せたので、ちょっとすっきりして記事数減ってしまうんですね。

まあそれもいいかな、と思っています。楽しく書いています。

 

そんな私が共感した記事。

【ブログ10周年記念企画】しょーもないブログを10年書き続けたオレが明かす、誰にも何の役にも立たない9つのブログ作法! - メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

 

8と9が特に好きです。今まで見たブログハウツー記事の中で一番納得がいく内容でした。ほんとその通りだ。

 

難しいことにチャレンジしたいならすればいいし、私も実験的なことはしていきたいけど、なんか真面目なテンプレにハマるのは避けたいです。なので、自分が心地よい程度まで「手を抜く」 のがちょうどいいかと。

 

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

 

面倒くさがりなので55個も実践できませんでした!

あと、オススメブログの記事を書こうと思いきや、好きなのが20個以上あって途方に暮れたよね。どうしよう…。GW中の流行りに乗れるかしら。

 

 

映画の話

 
最近『白ゆき姫殺人事件』のCMを見て面白そうだったので、思い出して、撮り溜めてた『八日目の蝉』を観ました。
八日目の蝉 通常版 [DVD]

八日目の蝉 通常版 [DVD]

井上真央に注目していたら、永作博美さんがよかったです。原作も好き。

八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

 

映画と言えば、このブログでも映画について色々書いていて、シリーズにしている「私がかつて単館で観た映画」は3つほど書きました。

私がかつて単館で観た映画を延々とご紹介(99年らへん) - きまやのきまま屋

私がかつて単館で観た映画(2000年らへん) - きまやのきまま屋

私がかつて単館で観た映画(2001年らへん) - きまやのきまま屋

 

これの2002年を書いてシリーズ終了にしようと思っていたんですが、2002年は本当に映画を観ていなかったようなので、これでシリーズ終わるっぽいです。

映画を観る時と観ない時の生活の差ってなんだろう、と思ったら、暇かどうかですね。私は時間を捻出してまで映画館に通うわけではないようで、大学の最終学年は映画を観ていなかったみたいです。そりゃそうですね。

 

 

本の話 

 

なにかと疲れていると、ゴツいフィクションが読みたくなります。最近では白石一文や篠田節子を読んでいます。なんていったらいいのか、物語がゴツいんです。中でも『翼』が好きなので、読み返したりしていました。

 

翼 (テーマ競作小説「死様」)

翼 (テーマ競作小説「死様」)

 

 

この「ゴツいフィクション」って定義が難しいんですけど、イアン・マキューアンとかポール・オースターとか、吉田修一とか角田光代とかですかね。

飲み込まれたい。

でもけっこう手持ちの作家さんは読み漁ってしまったので、今後疲れたら何を読むかで途方に暮れそうです。

 

ところでたまに思うんですが、『贖罪』を読む前と読んだ後では人生が違って見えます。

『贖罪』以前に戻りたい、と思うことがあります。だってもう一度読めるからさ。

 

贖罪

贖罪

 

 

それでは、きまやでした。

 

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。