読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

ブログを始めて一年たちました。ところで今の仕事の悩み。

ブログ一周年です

確か私がはてなでブログを始めたのは2月だったはず…と思って調べてみたら、ちょうど2月1日から始めていました。

 

初めて書いた記事はこちらでした。あまり内容のない…ただ「ブログ始めました」的な話です。そしてなぜか『暗黒女子』について。当時読了直後だったんでしょう><


初めまして。きまやと申します。 - きまやのきまま屋

(たいしたこと書いてないので読まなくて大丈夫です)

 

そういえば最近『暗黒女子』の作家さんの新作を読んだら、厭ミスじゃなくなってびっくりしました。なかなか面白かったです。

放課後に死者は戻る

放課後に死者は戻る

暗黒女子

暗黒女子

 

さて、この一年の振り返りをしようかと思ったんですけど、それよりも最近悩みがあって困っています。振り返っている場合じゃねぇ。

 

長い文章を書くのに慣れてきた反面、書くことに飽きてきた

あまり意見がまとまっていなくて恐縮なのですが、ずっと考えていて、長い文章を最後まで読んでもらうには「物語」が必要だよなと思うわけです。

ここでいう「物語」とはフィクションでいうあらすじだけではなく、ノンフィクションやただの日記であっても「こういうことがあった」「そしてこうなった」「だから私はこう思った」的な流れのこと。

文章の最初と最後で、違う場所にいるということ。主に私が。できれば読んでくれた人も。

 

これを意識して書いていないと、きちんと読まれる文章ができあがらないと思います。

でも、だいたいにおいて停滞しているのが私です。ずっと思考系の文章を書きたいと言いつつ書けず、最近はネタ記事に走っています(それはそれで、とても伝えたいことなんですが。オリジナルであれば価値はあると思うのですが) 

一蘭ラーメンのオーダー表の書き方を元バイトが解説しますよ。 - きまやのきまま屋

 

ちなみに私はそもそも 

結局私は「活字中毒」だったのね…!という話 - きまやのきまま屋

「書く」よりも「読む」ことの方が好きな活字中毒な人間なので、そこまで無理して書かなくてもいいわけなんですが。

 

つまり何が悩みなのかというと、そもそもこのブログを始めたきっかけは「仕事のストレス発散」でした。仕事でつまらない文字列を書き殴っていて、好きなことも自分の意見も書けないでいて、じゃあ自分の思ったことを書く場所を作ろうと思ってブログを開設しました。仕事は仕事で頑張って求められている記事を書く、好きなことはブログに書く。

そのバランスが、今、崩れかけている。

 

つまり…仕事に飽きてきた。ほんとに。

ここで数回ご紹介させていただいている tripro VOICEの仕事は飽きていません。こちらは個人色を出していいと言っていただいているし、自分の好きなことを題材に選んでいいので、書いていて楽しいです。

なんだかんだ言いつつ、このブログも楽しく書いています。

それなのになんだかモヤモヤする、というのは、単にもう許容を越えてきたのかなと。さっき「文章を書くことに飽きてきた」と簡単に表現しましたが、多分、「没個性な記事を書くことに飽きてきた」だけかと自己分析しました。そのせいで書くこと自体へのモチベーションが下がっている、と。

没個性な記事というのは、たとえば商品や企業の紹介記事とかです。調べれば誰でも書ける的な。必要ではあるけど、雪かき。

 

仕事は選びましょう 

実は年末くらいからその「没個性な記事」の依頼は少しずつ断っていて、相手方から「そんなことじゃフリーランスとして成功しませんよ」とか言われつつも減らしてはいます。「ここからは僕個人としての好意に基づくアドバイスです」ってなんなんだ、聞いてないよ。

ただ、ここ2年以上依頼をくださっている企業様からの依頼が、どーしても断れない…!メールのやり取りをしている人の感じが良すぎるし、少しずつ単価も上げていただいたし、簡単な仕事なのでいっかー、と思っていたんですけど。もうそろそろ限界かな、と思っています。

書く文章に対する許容値というものが、存在した。

 

一旦2月いっぱいでお休みさせていただく話はしているのですが、そうしたら「ライターが足りなくて困っているので、次の依頼はいつからでもいいのでまた戻ってきてください」と言っていただいて…。うぉぉ、断り辛い!いや、そういう情に訴える手法で囲い込みをされているのかもしれないんですが><

 

けれどそこで消耗していては時間と精神力を取られてしまい好きな方の仕事ができないし、何より腰が痛い。(切実)

薄情なようだけど、もうきちんときっぱり断ろう、と昨日の夜思いました。自分の好きなことを書いて健全な精神を保つために。その決意表明をここでします。

ブログ一周年が全然関係ない話題になってしまいましたが、さぁ、私は、この記事の最初と最後で違う場所に立っているでしょうか…?

あなたはどうですか…?

 

書くことについて (小学館文庫)

書くことについて (小学館文庫)

(こんな題名にしておいてあれですが、一周年おめでとう的なブクマはけっこうです><いつも読んでくださってありがとうございます)

 

今後とも楽しい文章を書けるように精進していきますので、見守っていてくださいね。

きまやでした。 

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。