読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

今年後半もがんばれそうな7月の始まり

https://www.instagram.com/p/BHbDE4QA6pl/

夏だ、山笠だー!(参加したことはない)華丸大吉人形。

今月はなんだか幸先がいい

パートに出る代わりに在宅でライターの仕事をしている、というのは何度か書いたと思うのですが(書いたよね?結局まだパート決めてないのでそのまま)、この仕事が今月いい感じになりそうです。

過去最高月収くるかも?!(社会人時代除く、パート含む)

もちろん、今は依頼をもらっただけの段階なので、これからバリバリ頑張らねば。

 

先月までの納品分も考えたら、けっこうな余裕が生まれます。ローン返すために今のところ貯めてますが、私への借金返済でボーナスがなくなった夫と(色々と立て替えてた。でも半分以上返してもらえた!)、寿司でも食べに行こうと思います!

そしてこの余裕で、日光過敏症の薬もらいに皮膚科に行けます。よかった。

痒いけどそこまで腫れてないから、お金なかったら放置するつもりでした。よかった。

 

ほしいものリスト再び

そしてほしいものリストから、またいただいたのです。

 

本が来たー!!

猫グッズじゃないの初めて!

そして今回も匿名なんでしょうか、何もメッセージ見当たらず。

あの、ウザくしないから、名乗っていただいても大丈夫ですよ…?(笑)

でも匿名が気楽っていうのは分かる気もします。なので、全然いやじゃなくて嬉しくいただきます!

くれた人にお礼が言えない分、他にほしいものリストを公開している人に私から何か送ろうかと。なんかこう、循環したら、いいよね。

フォロワーさんの誰かにしようかな?と考えてます。

 

いただいた本はどちらもノンフィクションで、仕事の合間に読めそう。少しずつ読み進めていきます。

詭弁論理学 (中公新書 (448))

詭弁論理学 (中公新書 (448))

 

これ有名な本だと思っていたら、すごく古い本なんですね。でも我が家に届いたのは驚きの63版!どんだけ重版なんだ…。

中公新書ってめちゃくちゃクールで好きです。でも久しぶりかも。図解もあって読みやすそうです。 

 

読書について (光文社古典新訳文庫)

読書について (光文社古典新訳文庫)

 

帯書いてる荒川洋治、好き!会って話したことあるけどとても明晰な人でした。

 

こちら、第一部の「自分の頭で考える」まで読みました。多読派の私にはもう、耳が痛いことばかり。

知ってる。私がオリジナリティのなさに絶望して読書にすがっているっていうことは、知ってる。ショーペンハウアー罪な人です…明文化されていました。

私の年上の女友達に、「本は読まない。他人の思考を頭に入れたくない」って言ったことがある人がいまして。その人はオリジナリティに溢れているから、そのセリフに心底納得したんです。

 

読書は、読み手の精神に、その瞬間の傾向や気分にまったくなじまない異質な思想を押し付ける。(中略)これに対して自分で考えると、その瞬間は外界やなんらかの記憶に多少、左右されることがあっても、精神はみずからの衝動に従う。(p9~p10) 

 

真実と生命は、もともと自分の根っこにある思想にだけ宿る。(p11) 

こういうところを読んで、彼女のことを思い出しました。

これから読み進めるのが怖楽しみ。

 

追記・読了しました!

 

【関連記事】

kimaya.hatenablog.com

 

kimaya.hatenablog.com

 

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。