きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

買ったCanon PowerShot G9Xのいいところ悪いところ&写真のお披露目

前回の続きです!カメラ買うまでにコンデジかミラーレス一眼かで悩んだ話

 

年明けにコンデジを買ってから、楽しく写真を撮っています\(^o^)/

 

ところでTwitterで「なぜかカメラを3台持ってる」みたいなカメラ沼の話をよく見かけるので、私が最初にコンデジ買う時にも「選び間違えたと思ったらまた買えばいいさ☆」みたいな思考があったことに気がついて愕然としている。

 

ただ、今のところCanonパワーショットG9Xはお気に入り!

 

今日は「使ってみたら意外とよかった」点と、「使ってみたらいまいちだった」点を具体的に紹介しますね。

 

Canon PowerShot G9Xを買ってよかったこと

まずはよかった点を。これらだけでおおむね満足ではあるのですよ。

小さくて軽い

もちろんこれが一番。本気でポケットサイズ。今は出かける時にコートのポケットに入れてます。

鞄の中に入れる時には、スマホ用のポーチに入れてます。電源を入れてないと薄いので、小さな鞄にも入れやすい!

そしてラーメンを前にしてサッと取り出せて、お店でそんなに目立たない感じ。テーブルに置いてもスマホよりも場所取らない。これがいい!

 

タッチパネルで消去が簡単

最近のデジカメって高性能ですね! 1フリック&1タップで失敗写真を消すことができます。タッチパネルが使えるという時点でびっくりでしたが、かなり使えますね、この機能。

動作は4方向分の登録ができるため、消去以外によく使うことがあれば、カスタマイズできます。

 

マイクロUSBで充電できる

充電がバッテリーだけじゃない点が意外に使いやすいです。マイクロUSBを指す口が、本体の右端に開いてます。(ちょっと蓋が固い)

つまり、外出先ではモバイルバッテリーで充電できる!

いつもスマホ用にモバイルバッテリーを持ち歩いている人には朗報じゃないでしょうか。

外出用に2in1のケーブルがもう一本ほしくなっています。

 

RAW画質で保存できる

このRAWという画質で撮っておけば、あとで編集ができるらしいです。コンデジでもRAWで撮れるんですね。同時にJPEGもできてるらしいです。これも設定で変えられます!

消去の時にどちらかだけ消すというのも選べるので、気に入ったものだけでもRAWで保存しておくとかできていいです!

 

スマホアプリでスマホと連携

本体の左側上にスマホマークのボタンがあって、これで画像を転送できます。スマホ側で操作可能。

手順としては、スマホマークのボタンを押す→スマホのブルーツゥースをオン→スマホの設定からアクセスポイントを変える→専用アプリを起動、で繋がります。

繋がるとカメラ内の写真を選べる画面になり、好きなものだけスマホに落とせます。便利。

 

その他には…少し懸念していた、ファインダーがないことは特に気になりませんでした。真夏になるともしかしたら、昼間の外では画面が見にくくなるのかもしれません。

自撮り機能がないのは、私にとっては不便ではないですね。

 

これはあんまり…だったこと

このへんが気になる人は、コンデジじゃなくてミラーレス一眼やデジタル一眼レフがいいのかもと思います。 特にズームと見た目。

 

ズームが足りない時がある

玄関から居間にいる猫を撮ろうとしたら、ズームが届きませんでしたよ……。CanonPowerShotG9Xのズームは光学で3倍。それ以降はデジタルズームなので、画質が荒くなってしまいます。

5メートル以上遠くにいる猫をアップで撮る、というのは無理がありました。 

 

PCにどうやって画像送るのか分からない

いや、できるらしいんだけど、説明書を全部読んでないから分かってないです。

でも、コンデジにはSDHCカードが必須。これを本体から取り出してパソコンに挿して対応しています。理屈が分からない時は物理が最強です。 

 

新機種が出るらしいよ

海外ではもう出ているとか。買ってから知りました……。もしかしたらこの機種ももっとお安くなるのかもしれませんね! 実際、私がAmazonで買った時よりも既に1000円は安くなっています。

というか、どうせ買うなら最新機種がよかった気もしています。長く使うつもりなのでなおさら。

 

人から見たらチャチいかも

そこそこなお値段したけど、小ささゆえにチャチく見えることは否めません。夫の安いパワーショットの方がゴツくて黒くて「カメラっぽい」感じがします。

 

これもし私が人にインタビューとかする系のライターだったら、現場に持って行くにはよろしくないかも、と思います。

ブックライターさんもそんなことを言っていたような気が…いやそれは違う本だったかも…

職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法

職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法

 

 

では、付き合いのいいチビ猫姫にお付き合いしてもらっていくつか写真をお披露目します!

 

Canon PowerShot G9X外観

まずはスマホでカメラを撮りました。

猫とCanonPowerShotG9X

猫とCanonPowerShotG9X

猫も小柄で、3キロくらい。 私の実母手作りの鍋敷きを、自分の座布団だと思っている節があります。

 

猫とCanonPowerShotG9X

薄いです!電源を入れたらレンズ部分が出っ張ります。

 

買って初日に撮った写真

キジ猫アップ

なんだこれ、という顔をしている…カメラそのものより、左端につけたストラップ(付属品)が気になってるみたいです。

まだ使い方が分からないので、ただのオートモードでパシャリと。

 

買ってからしばらくの写真

絞り、というのを試してみると、いい感じに周りがボケてお気に入りの一枚!

 

うまくピントが合わないこともありましたが……

猫の前足

前足の毛並みがくっきり。

 

猫の変顔

変顔を撮ってみたり。 

 

この写真もお気に入りです!

猫アップ

 

ホワイトバランスを知る

このカメラでは、ホワイトバランスも簡単に変えられます。

居間で、ホワイトバランスオート。

猫あくび直前

あくびの直前の顔。

 

同じ時間に同じ場所で、ホワイトバランス太陽光。

猫と太陽光

毛並みの印象が柔らかくなって感激!

 

モードを変えてみる

多彩なフィルターはないけれど、効果を変えられるモードがいくつか。花火モードや夜景モードは外で使ってみたい!

  

アプリを使って 

カメラからスマホに写真を転送できるアプリ、なんとスマホからシャッターを遠隔操作できるんです!

なのでカメラを机に直置きして少し上に傾けて、スマホ操作でシャッターを。

下からの猫

なんだこれ顔、アゲイン。

 

新たな課題は 

/

家の中に猫のおもちゃが散乱していて、オシャレな写真が撮れません。困った。

 

こんな感じの写真が撮れるよ、という紹介でした。

まだまだ使いこなせていないのですが(ISOとかシャッタースピードとか、よく分からないまま)、楽しく気軽に写真が撮れるという点では正解でした、このカメラ!

 

難しいことはしたくないけど綺麗な写真を撮りたい、というニーズにはぴったりかと。これはコンデジのわりに、センサーがいい(大きい?)らしいです。だから綺麗!

 

今すぐ使えるかんたんmini Canon PowerShot G 基本&応用 撮影ガイド [G7 X Mark II/G7 X/G9 X/G5 X/G3 X完全対応]

今すぐ使えるかんたんmini Canon PowerShot G 基本&応用 撮影ガイド [G7 X Mark II/G7 X/G9 X/G5 X/G3 X完全対応]

 

この本を買って、少しずつ勉強中。できることがもっと増えるといいなと思っています。 

 

 

【前回までの流れ】

kimaya.hatenablog.com

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。