きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

the pillowsの「RETURN TO THIRD MOVEMENT!」ツアーがあるね

f:id:kimaya:20171004220539j:image 

the pillowsが自我の始まりであったと言っても過言ではなくて

15歳で家出をしなかった私はその代わりに部屋のラジオでピロウズに出会って脳内で変われる場所とか隠れる森を探しに行く日々を送っていて。

だからこの時が自我の始まりであったと言っても過言ではなくて、きっとそれまでは親から言われた通りにやるとか周囲からはみ出さないように生きるとか友達に嫌われないようにするとかそういうことを実践していただけなんだと思う。

 

「ストレンジカメレオン」を当時の親友とイヤホン片方ずつでお弁当食べながら聴いて、「Swanky Street」を彼氏と別れて電車を待ちながら聴いて、「TRIP DANCER」を委員会で遅くなった校舎から星を見ながら聴いて、「彼女は今日、」をひと気のない部室でギター抱えたまま聴いて、「ONE LIFE」の歌詞を友達と「深い…!」と言い合いながら聴いて、「ハイブリッドレインボウ」を自転車で坂を登りながら聴いて、「アナザーモーニング」を口ずさみながら持久走のドべ争いをしていた。

一番好きな曲は「アイスピック」だった。

 

だからアルバムで言ったら「Please Mr.Lostman」と「LITTLE BUSTERS」が青春ど真ん中。

他にもspitzや山崎まさよしや小谷美紗子や中村一義やブランキーやサニーデイ聴いてたけど、ピロウズが精神の基本、みたいなところがあった。

郵便局でお金を振り込んでチケットを買う、という経験を初めてしたのもピロウズ。

 

その後色々あって他にもバンドをたくさん知ってピロウズ自体のライブからは足が遠のいてしまって(ランハイツアーまでは楽しく行った、ハッピービバークはあまりノレず)、音源も聴かなくなっていたけど電車の窓から毎日キングレコードの看板を見ながら通学してて、就職してからSyrup16gにハマって(?)、結婚してからアルバム5枚すっとばして「MY FOOT」でピロウズに復帰。

 

アルバム全部は持ってないと思うけど、だいたい聴いてる。

 

さわおさんイズムをしっかり継承しているので、バンドマンは尊敬、けれど軽々しく声をかけない呼び捨てない、自己満足なだけのプレゼントはしない、嫌なことは嫌と言う、人から誤解されても気にしない、自由を得る代わりに孤独を引き受ける上等、みたいなところがある。

 

いまでも夫婦喧嘩するたびに「孤独と自由は抱き合わせなんだよ!」って叫ぶ。

そんな私ですが。

 

そんな私にだよ!

ぴったりすぎて震えるほどのツアーがある、その名も「RETURN TO THIRD MOVEMENT!」ツアー。ピロウズ第三期のアルバム曲全部やっちゃうぜツアー。

当然ながら最初の二枚はロストマンとリトバスだよ!

 

RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.1

 

久しぶりにピロウズのチケット取った。いや、ピロウズ自体からは最近は全然離れていなくてピロウズつながりのTwitterフォロワーさん多いしさわおさんポッドキャストずっと聴いてる。ポイズン~時代からCDに焼いて持ってる。

 

でもライブはかなり久しぶり。ライブは好きなバンド全部は行けないから新しいバンド見たいと思ってしまって全然ピロウズ行ってなかった。

けど、チケット取らずにいられない。たとえ腰が痛かろうが。

 

楽しみだなぁ。

泣くだろうなぁ。

足りない頭を首にぶら下げてる、私なんてただそれだけ。 

Please Mr.Lostman

Please Mr.Lostman

 
LITTLE BUSTERS

LITTLE BUSTERS

 

 

【音楽の関連記事】

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。