きまやのきまま屋

日常、本、映画、写真のこと。趣味人のきまやがきままに書いてます。ライター兼ブロガー。

Books cyan(ブックスシアン)が素敵空間な本屋でとても好き。平尾駅から徒歩3分!

本が好きだから本屋が好きだ

本屋には、本好きの欲望が詰まっている。それはあなたのものでありながら私のものでもある欲望だ。本を読みたい、新しいインクの匂いを嗅ぎたい、装丁を眺めて撫でさすりたい……読みたい本に、出会いたい。

新しい本に出会いたい。できればなるべく面白くて、素敵な本。

 

どんな本でもあるような大型書店ではなく、小さな書店であるほど、その欲望は浮き彫りになる気がする。大きな本棚に隠されないから、欲望を見失わない。

みんな大好き西鉄大牟田線、平尾駅から歩いて3分ほどのマンションの一室にあるBooks cyan(ブックスシアン)は、店主であるユウミさんの欲望が、余すところなく並べられた空間だ。

Books cyan 店内

店員のハリネズミくんに接客していただく。

 

お店自体は、そう広くない。その中にユウミさんは、店員と言い張りぬいぐるみクッションを置き、ドライフラワーやお菓子を飾り、本の棚には小物を置き、壁には作家の絵を飾って個展を開催する(個展は常設ではありません)。

好きって強い!

 

さて、肝心の本たち。 

やはり、「本屋がしたくて本屋になった」人の本屋。気合いを感じる。まじめだけど自由。そんな印象を受ける空間だ。

子供向け絵本があるかと思えば、大人が読んで楽しい図鑑、イチオシの西加奈子、ライターでもあるユウミさんが今までに学んだ本などが並べられている。

 

あと、かわいい。見たら分かるけどかわいい。

まじめな自由さとユウミさんの趣味嗜好は、本のラインナップに現れている。

個人店ならではの気軽さで、ラインナップはどんどん変わる。秋にはご飯特集、冬にはクリスマス特集……。本に詳しくないとできない選書が続く。しかもジャンルをまたいで。

こちらは猫本コーナー。幅広いジャンルから集められている。

 

ちなみに、ユウミさんに図鑑について語らせたらなかなか長い。情熱溢れるトークを聴くことができて楽しい!

ユウミさんのガチ私物本を借りることができるコーナーもあるよ。『よつばと!』があった。

 

同じく店員のアリクイくん。

 

ワークショップにも意欲的で、水引を作ったり、ニット帽を編んだり、来年のために味噌を仕込んだり…。

西加奈子オンリー読書会しましょう~~~。

私は『ふくわらい』を推します!

 

お店の名前の由来

お店の名前は「Books cyan」(ブックス シアン)。

「シアン」とは色の三原色の1つ、さっぱりめの青色だ。きっとユウミさんは青が好きなんだろう、と思うでしょ。

でも、それだけじゃないのだ。この「シアン」は、「思案」に通じている。

f:id:kimaya:20181128123412j:image

「本を読んで、一緒にあれこれ『思案』してみませんか?」と、マスコットキャラのバクが栞から私たちに語りかけてくる。

 

言い忘れたけど、ブックカバーがシュールかわいい。単行本サイズと文庫サイズでブックカバーが違うらしいので、次に行った時は文庫買わなきゃ。

www.instagram.com

(イラストはKoichiro Urakawaさん(@516.kouichirou) 

 

お話するのも楽しいよ

「本人自らお客様に応対する」ことにこだわるユウミさんなら、あなたの「読みたい本に出会いたい」という欲望を叶えてくれるかも。

オススメ本を聞いてみてね!

 

本を読みたい自分へ、そしてもしかしたら最近あまり本を読む時間が取れていないかもしれないあの人へ、どれか一冊……と楽しく選べる本屋。

 

Books cyanへのアクセス

平尾駅から近い!

看板が目印になってくれる。すぐ横に駐車場もあるよ。

 

301にバクがいる! 

 

3階まで、己を信じて登りましょう。 

 

アロマ香る店内へと続くドア。

 

ワークショップ、営業などについての最新情報は、お店のインスタグラムとTwitterからご確認ください。

www.instagram.com

twitter.com

 

〒815-0084 福岡市南区市崎1-1-5 金子ビル301 

営業時間:12時〜18時、定休日:水曜/日曜

 

 

【楽しい本屋@福岡は他にも!】

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。