きまやのきまま屋

日常、本、映画、写真のこと。趣味人のきまやがきままに書いてます。ライター兼ブロガー。

BOOK AND BED TOKYO福岡店、泊まれる本屋でデイタイムのんびり

f:id:kimaya:20181011120033j:image

泊まれる本屋、BOOK AND BED TOKYOに行ってきました!

TOKYOなんて名前でも福岡店がある、素敵。

きっかけは、こちらの三森さんの記事を読んだこと!

www.bungunote.com

 

かなり詳しくレポートされていて、本好きとしては興味をそそられざるを得ない…!と身悶えたものです。

調べてみたら福岡PARCOに系列店がありました!

これは私も行くしかない(使命感)

BOOK AND BED TOKYO福岡へのアクセス 

2017年4月オープン。

住所:〒810-0001 福岡県福岡市中央区 天神2丁目11−1 福岡パルコ新館6階

天神駅から近い!

PARCOの中で泊まれるとなると、福岡市の中心、西鉄天神駅から2番目に近いホテルですね!(1番目はソラリア西鉄ホテルだと判断、私調べ)

福岡空港や博多駅から、地下鉄一本でつながってます。

 

カプセルホテル的なので、周辺ホテルと比べるとお値段は格安。

BOOK AND BED TOKYO福岡、場所と外観

PARCO新館の6階、比較的はじっこにあります。

グレーの壁が目印、トイレと喫煙所の手前、と探せば分かりやすいかも。本館から見ると反対側です。

f:id:kimaya:20181009140910j:image

このシックさを目印に!


f:id:kimaya:20181009140951j:image

泊まれるだけあって、パジャマが飾られています。このパジャマ借りられるそうです。

 

ここを入ってすぐの左側に、受付の小さな窓。

泊まりもデイタイム利用も、そこで色々と記入&お支払い。飲み物も最初に聞かれます。

それらを済ませると、ドアを開けて入れてもらえます。受付の方しか開けられないドアのようです。なんかピッてしてた。

 

支払いはクレジットカードか交通系ICカードとのことだったので、福岡におけるSuicaであるnimoca(ニモカ)を差し出したら、「初めて来たと言いつつ、こなれてますね!」とニコニコ褒めていただきました。

 

泊まりはクレカのみっぽい書き方をされているので(公式サイトより)、nimoca出す人は少ないのかも。デイタイム利用ならnimoca使えますよ!

f:id:kimaya:20181009140904j:image

注文できるフードは少なめ?泊まりだとまた違うはず。

店内の様子

f:id:kimaya:20181009140957j:image

壁一面の雑誌!この下にソファゾーン。

 

f:id:kimaya:20181011182953j:image
大きなソファーゾーンはあるものの、お店自体は、そんなに広くない印象。

PARCOができた時には違う店舗が入っていただろうし、専用にスペースを取れたわけではないでしょうね。

 

ゆっくり座れる大きな場、という感じではないものの、秘密基地感にワクワクします。天井まである本棚の間を歩いていきます。図書館っぽい、ネカフェっぽい?でもいちいちオシャレ感あり。

ソファ

受付にいた人が、私が注文したジンジャエール持ってきてくれながら「今めっちゃオススメのソファ空いてます!」って教えてくれた、クッション付き広いソファに収まります!

受付の人のホスピタリティが高い…!

f:id:kimaya:20181009140954j:image

コンセントあり。


f:id:kimaya:20181009141000j:image

座ってみた視界。

このソファもまた、本棚の一部なんです。他の人が気にならないほど、本棚にめり込めます。
f:id:kimaya:20181009140908j:image

隣に人がいらっしゃったけど、身を乗り出さない限り目に入りません。(乗り出して写真を撮ったら、上のように足が見える程度)

 

f:id:kimaya:20181009141255j:image

小さなテーブルに、注文したジンジャエール。

1冊目はソトコトの美術館特集を読みました。

こんなに古い号が置いてあるのいいですね。本屋だともう出会えません。

SOTOKOTO (ソトコト) 2012年 11月号 [雑誌]

SOTOKOTO (ソトコト) 2012年 11月号 [雑誌]

 

 

そのあとは、漫画『坂本ですが?』を読み返しました。

坂本ですが?コミック1-4巻完結セット

坂本ですが?コミック1-4巻完結セット

 

 

どうしてこういう順序になったかというと、目に入って面白そう、また読みたいと思った順に手に取ったから。

益田ミリも読みたいと思った…春樹もたくさんあった…そんなこちらの選書は、福岡のセレクトショップ本屋のカリスマであるブックスキューブリックの店主・大井実さんだそうです。 

 

ブックスキューブリックは、箱崎店に数回お邪魔しています。螺旋階段のあるオシャレ本屋です。パンとケーキが美味しい! 

kimaya.hatenablog.com

 

こちらの本を書かれた方ですね。

ローカルブックストアである: 福岡 ブックスキューブリック

ローカルブックストアである: 福岡 ブックスキューブリック

 

ベッド

さて、泊まる時のためにベッドを視察しましょう。

本棚の中で眠れる「BOOKSHELF」。
f:id:kimaya:20181009140913j:image

足元に、荷物入れとスリッパ。こちらのお部屋はカーテンが閉まっているので、中に誰かいるんでしょうね。

気配が分からない…光は漏れてるけど、意外としっかりしたカーテンかも。


f:id:kimaya:20181009140941j:image

2階にもベッドあります!はしごが二段ベッドっぽい。


f:id:kimaya:20181009140917j:image

個室はすべて、本棚の後ろ。囲まれています。

 

90cm x 200cmのシングルサイズベッドが、隣り合わせに並んでいます。

f:id:kimaya:20181009140946j:image

灯りが素敵だなぁ!

 

プラン

デイタイムは、13:00~20:00 までの利用。

一時間ごとに500円(税抜)です。フリータイム1500円コースあり(利用は四時間まで)

f:id:kimaya:20181011015909j:image

 

宿泊は、日によってお値段かわるものの、本棚の中で眠れる「BOOKSHELF」4000円とリーズナブルな。 

f:id:kimaya:20181011015921j:image

f:id:kimaya:20181011015733j:image

 
f:id:kimaya:20181009140856j:image
f:id:kimaya:20181009140927j:image

泊まりの人が使えるゾーン。

 

福岡店での宿泊については、天神サイトでイケメンがレポートしてくれているので、詳しくはこちらも。

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO 福岡店」に、イケメンと泊まってきた!~前編~ | 天神サイト

 

天神で夜遅くなってしまう予定がある日に予約を取ると、楽そう!

また、本来の楽しみ方である「読書しながら寝落ち」をするのも一興。

個人的な話、私は寝落ち読書をしないので(読んでいると目が冴える派)、徹夜してしまいそうな気がしますが…。読破が捗りそう。

 

近所にドラッグストアあるし、手ぶらで来ても大丈夫なのでは。

 

本は売ってなくて、選書がよくて…なんだか、雑誌と本が多めなネットカフェみたいな印象。

知らなかった本や雑誌との、新しい出会いがありそうです。 

公式サイトあるよ

公式サイトを見ていると、地元の人に来てほしい感じのプランがあり。オンライン決算のみで、日によって3300円~とかです。

天神の真ん中でこれって安くない?

サイトで満室になっている表示をあまり見ないので、ホテルとして穴場なのかもしれません。

 

泊まりはここから予約できるみたいです。デイタイム利用は、予約なしで行くだけ!

公式サイト→FUKUOKA | BOOK AND BED TOKYO

 

福岡店のTwitterで、宿泊やデイタイムの利用状況を教えてくれています。

twitter.com

 

 

・関連記事

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。