読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

ご当地スターバックスカード!地域限定の福岡・東京・横浜を集めてみました

全国の「ご当地スターバックスカード」って知ってますか?

私がその存在を知ったのは、先輩ブロガーのこっこさんのこちらの記事。 


地域限定のスターバックスカードを集めています。プレゼントとしてもGood | イロトリドリ

 
それからスタバの公式サイトを眺めていると、本当、各地色々あって可愛いぞ…ほしいぞ…ってなってきてしまって。萌える、じゃなかった燃えるコレクター魂。
 
まずは上記のこっこさんに「福岡のをお送りしますから横浜のをください!」と、ちょっと無理やりめに取り引きを持ちかけてみたら、快くOKいただきました!
  
※注意! この記事は2014年のものです。だから紹介しているカードのデザインは、2014当時のものです。2016年10月からデザインが変更されたようなので、古いタイプがほしい人はお店にGO!運がよければまだあるかも!
 

福岡のスターバックスカード

スターバックスカード福岡
博多織をイメージしているらしく、和風です。描かれているのは扇でしょうか?私は地元が福岡市内なので、すぐさま買えました。やっばいこれも可愛いな。
 
でもこちらはお送りする分なので、写真だけ撮らせていただいてお別れです…。スタバの店員さんが、贈り物用の(そして時期的にクリスマスの)封筒までくれました。
スターバックスカードと贈り物用封筒
 
f:id:kimaya:20141105180301j:plain
 
 

横浜のスターバックスカード

数日後に我が家に届いたのが、こちら。
 スターバックスカード横浜
あぁ、都会の香りがします…。オサレ。
 
スターバックスカード横浜裏面
裏面は臙脂色に近い赤。赤レンガを連想させますね。
 
 

東京のスターバックスカード

そして今月に入ってから夫が東京に出張したので、お土産に東京のスターバックスカードを買ってきてもらいました!
スターバックスカード東京
 こちらはスカイツリーと東京タワー全推しですね。横浜のと色合い似てるかな?と思っていたら、裏面が全然違う色でした。凝ってますね〜。
スターバックスカード東京裏面
 
 

手持ちのスターバックスカード

ちなみに今は、クリスマスバージョンのミニサイズを使っています。普通のカードの大きさよりも小さく財布の中でカード入れじゃない場所にも入るので、とても便利です。

スターバックスカードミニサイズと図書カード大きさ比較

(下に並べてある図書カードが、普通のスターバックスカードやクレジットカードと同じ大きさです) 
 
そしてたしか「スターバックスカードに5000円チャージしたら無料券プレゼント!」のキャンペーンがクリスマス当日までだったような…。以前も無料券目当てにチャージしたんですが、前払いと思ってもう一度チャージしたい気もします。
 
こうやっていくつもカードを持っていても、ウェブで会員登録的なことをすれば料金を合算できたりするそうです。あとはオートチャージ機能もあるらしく、何気に便利ですね。
私は面倒なのでただ使うだけですが…クリスマスバージョンミニカードの残高がなくなったら、次は横浜のを使おうかなと思ってます!
 

スターバックスカードの利点

レジで小銭を出さないでいい楽さは、一度味わうとやめられませんね〜。
本当はクレジットカードでも似た感じにできますが、クレジットカードだと店舗によっては署名させられて余計に時間かかるんですよね…。署名いらないお店もあるんだけど、近所のイオンのスターバックスは絶対毎回署名させられていました…。
 
なのでスターバックスカードの方が、とにかくどこでも早く楽に支払うことができます!
 
そしてこの記事を書いて下書きで寝かせていた間、「ぐるりみち」のけいろーさんもスターバックスカードの魅力に気づいたという記事を書いてらっしゃいました^ ^


僕が“スタバ”を好きになった理由/スターバックスカードが便利 - ぐるりみち。

  
けいろーさん!ご当地カードも楽しいですよ!
ご当地以外にも季節限定デザインなどが続々と出るようなので、これからもチェックしていきたいです。 

 

※後日、花火カードをゲットしました!

スターバックスカードその後の変遷と、花火カードgetのご報告 - きまやのきまま屋

 

 

【スタバの関連記事】

夏はフラペチーノで☆ 

kimaya.hatenablog.com

ホットのカスタマイズもやってみました☆ 

kimaya.hatenablog.com

メルマガもらって無料でカスタマイズ!

kimaya.hatenablog.com

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。