きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

谷川俊太郎さんの詩のご紹介その2。「忘れっぽい天使」

谷川俊太郎とパウル・クレー

ところで、詩は好き?

詩が好きとか言ったらイタい人みたいなのであまり言わないけど(問われることもないけれど)、

私が半ば暗記していて、思い出して呟くたびに心痛くなる詩があるよ。

どうしてこんなことになったのか。何がこの詩を作ったのか。いや作ったのはもちろん谷俊なんだけど、あまりにも奇跡的というか。

 

誰が何を忘れても、私はこの詩を忘れられない、忘れたくない。しっかり持っている。よかったらどうぞ。

またまた谷川俊太郎さんです。パウル・クレーの絵に詩をつけてみるシリーズ。詩画集というやつですね。

第一作は「クレーの絵本」で、こちらも素朴でシンプルに美しい詩が14編書かれています。

クレーの絵本

クレーの絵本

 

 

私が好きな詩はその第二弾、「クレーの天使」に載っています。

 

「忘れっぽい天使」

 

くりかえすこと

くりかえしくりかえすこと

 

そこにあらわれてくるものにささえられ

きえさってゆくものにいらだって

いきてきた

 

わすれっぽいてんしがともだち

かれはほほえみながら うらぎり

 

すぐかぜにきえてしまううたで

なぐさめる

 

ああ そうだったのか と

すべてがふにおちて

しんでゆくことができるだろうか

 

さわやかなあきらめのうちに 

あるはれたあさ

ありたちはきぜわしくゆききし

かなたのうみで いるかどもははねまわる

 

クレーの天使

クレーの天使

 

 

関連記事:

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。