読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

自分の老後が想像できなさすぎて怖い

girl

老後がどうなるのか、全然想像できんのです

題名通り、かつオチがありません!

夫と話していて気がついたんですけど、どうやら私は自分の「老後」というものをリアルに想像することができないようです。

「もし老後に~~になったら困るやろ?」という話をされても、全然ぴんとこないのです。いい歳こいてキョトンとしてしまうくらい。

 

自分の親がまだけっこう現役な感じで生きているしむしろ親の老後の方が差し迫ってて怖い!というのが本音ではありますが、自分のことなのに全然想像できないっていうのも、恐ろしい話だなぁと自分で思います。大丈夫か、私。

そして夫と話していても、「とは言っても私はその時までこの人と一緒にいるかどうかも分からんし」とか思っている時点で、なんかだいぶ安定に欠けている。

 

具体的な目的があれば、そこそこ頑張れる、のに

そういえば私はほとんど貯金というものがないんですけど、それももしかして「自分の老後を想像できない」からちゃんと貯められないのかな、と思ったり。

具体的に「来年車検だから車検代を貯めよう」とか「引っ越しに備えて家具買い替え資金を貯めておこう」とかなら、そこそこ貯められるんです。

 

けれど今あるささやかな貯金は、猫の老後のため(猫が病気になったらお金がかかるし、老猫用のケアも必要になるので)に使ってしまうともうなくなる感じなので、もっと貯めておかなきゃなぁと思ってはいるんですが。

これがなんだか漠然としすぎていて貯められない…という感じです。

 

働き方の問題でもあったり 

現実的な話をすると、以前ちきりんの本で読んだように「お金を貯めるよりお金を稼げるようになった方がいい」(みたいなニュアンス)っていう意見の方に賛成なんですが、実際問題、私って全然お金を稼げる体質じゃないんですよね。

 

在宅で仕事をするようになってから変わったこと、思ったこと、生きているということ。 - きまやのきまま屋在宅で仕事をするようになってから変わったこと、思ったこと、生きているということ。 - きまやのきまま屋

昨日、こんなツイートをしました私は今が一番幸せ。暇なのもきついだろうけど、急がなきゃいけないのが一番辛い【Check】→通勤時間は人生の幸福度に大きな影響を与え...

 

もうキャリア的なものは崩壊しているし、これから作っていく気概もなく生きてるし、こういう生き方をするんだったら私にとっては貯金って大事だろうよ…と思います。

 

で、老後ですよ

そこで話が戻るんですが、じゃあ具体的に何にどうお金がかかるのか…ということを考えるにあたっては、ちょっとは老後のシュミレーションができていないと難しいですよね。

子どもはいないままなのか、じゃあ将来は老人ホームに入るのか、それとも今2歳の超かわいい甥っ子が面倒見てくれるのか(なんて迷惑な叔母さん!これは正直避けたいところです)などなど。

ずっと福岡に住んでいそうな気はするんですが、それだって親がいなくなって夫の職業が変われば東京に住んだ方がいいこともたくさんあるし。

どうなるのか全然わっかんねえな、と思いました、という話でした。オチがなさすぎてすみません。

 

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

 

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。