きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

2015→2016は猫、甥っ子、読書

猫タワーを紹介します

めでたい写真を撮ろうとして

f:id:kimaya:20160104165635j:image

この後こうなった。
f:id:kimaya:20160104165703j:image
猫パンチ後なので、鏡餅の足元浮いてます。この後、あっけなく後ろ向きに倒れました。瞬殺!
私が背が低いのと、新入り子猫は小柄なので新猫タワーは小さめサイズ。
もしデッカい子に育ったら買い換えるかも。
階段は一度も使ってくれてないけど、ハンモック大好き。窓辺に置いているのでいつもぬくぬく日光浴してます。
軽いので運びやすいけどちょっと揺れて、最初はビビってました。慣れが必要。子猫ならうまくバランス取ります。
 
 

年末年始の過ごし方

甥っ子と遊んだ以外は食っちゃ寝でした。コタツラヴ。年末年始の深夜番組めっちゃ面白くてバラエティばかり観ていたり。(おもしろ荘では鶏あえずが気になった!あと、久しぶりにMOON CHILDの佐々木さんを観た)
 
その甥っ子っていうのが、大晦日に姉夫婦と三人で我が家に来て、猫と遊んで蕎麦食べてコタツでダベって帰っていきました。

意外なところで大活躍なこれ。
Fire TV Stick

Fire TV Stick

しばらくは売り切れていて入荷が1月下旬とか書いてあったけど、今はあるみたいですね。 

 

 

でまあ、甥っ子かわいいけど、私の脳裏を占めていたのは「私がここで今日頑張れば、お母さんの腰の負担が軽減する…!お父さんの風邪も治る…!実家のおせちも今頃は完成している、ハズ…!」でした。 

 

久しぶりに会った姉と話しておきたかったこと

猫がダレてきた最後の数十分は、夫がゲームで甥っ子の気をひいてくれてました。プレステっ子に育つハズなのにX箱で…。
そういう間に親の生活これからについて、おばあちゃんの介護サービスについてなど話しておきたかったんだけど…まあ、お姉ちゃん九州に帰ってくるつもり一切ないし義兄さん長男だし、話進まず。
まだまだ両親健在のため、切羽詰まってはないんだけど。言われなくても私がするし。それにしても将来揉めたくないんだけど、駄目だお姉ちゃんドラクエに夢中だよ!

 

離れて暮らす親のもしもに備える本

離れて暮らす親のもしもに備える本

  • 作者: 窪田 剛
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2015/12/15
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る 

 

しかしお姉ちゃんにとって帰省はもはや完全なる休暇。うん、日頃は一人で頑張ってるから仕方ない、よね…。(義兄さん週のほとんど出張してる人。あと数年で環境が変わるらしいので、みんなで待ちわびてる)

いつかちゃんと話そう…お姉ちゃん怖いから義兄さんと話そうっと…。
 
 

読書のこと

21世紀の世界文学30冊を読む〔電子版〕

21世紀の世界文学30冊を読む〔電子版〕

 

パラークシの記憶 (河出文庫)

パラークシの記憶 (河出文庫)

 

 

 

例年はだいたい分厚いフィクションを用意して年越ししながら読むんですが、今年は余裕がなかったので積み本を消化。

 
最近、都甲さんが好き。平文の都甲さんの意見が面白くてどこまでも熱い。
「柴田元幸がやっていることは私たちが思っているよりすごいことなんだ!」と、同業者へのリスペクトも忘れず。
 
友達に「『ハローサマー、グッドバイ (河出文庫)』を読んだならぜひ続きを!!」と言ってもらえてよかった。うん、ここまで読んでこその味わい深さ。世界観、理解した!
こうなると気になってくるのがロリンの見た目です。でも、ふんわりと想像しているままの方が楽しいのかも、と思ったり。
 
 
そんな感じの年越し&お正月でした。
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

【関連記事】 

kimaya.hatenablog.com

 

 
【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。