きまやのきまま屋

日常、本、音楽、映画、写真のこと。趣味人のきまやがきままに書いてます。

盆だ!『満願』だ!米澤穂信『満願』がNHKでドラマ化、「万灯」と「夜警」も!

満願 単行本 米澤穂信

満願がドラマになるって!

このニュースを聞いてから2ヶ月、待ち望んでた!

西島秀俊×安田顕×高良健吾 ベストセラーミステリー『満願』ドラマ化! | お知らせ | NHKドラマ

ついに今夜だねー、ってことで読み返したりしてる。

 

www.nhk.or.jp

  • 14日…第1夜『万灯』(この記事で解説した内容です)
  • 15日…第2夜『夜警』(後輩の死の謎を巡る、警察官のお話)
  • 16日…第3夜『満願』(恩人が起こした殺人を巡る、弁護士のお話)

 

『満願』とは

『満願』は、米澤穂信さんの書いた、ミステリ短編集。

米澤穂信さんは、アニメ『氷菓』の原作者さんと言ったら分かりやすいかな?日常の謎系のミステリが得意な人。

 

で、『満願』って何か賞取ったやつだっけ、と思ったら、

  • このミステリーがすごい!2014
  • ミステリが読みたい!2015
  • 週刊文春ミステリーベスト10 2014

で、どれも一位。これだけ獲ると、史上初のミステリ三冠!っていうことになるらしいよ。

そして、山本周五郎賞を獲って、直木賞の候補になって、本屋大賞では7位。

 

『満願』はちょっと、日常の謎系統ではないので怖かったりもして、「好き!」っていう感じではないんだけど。

上質なミステリっていう感じで心に残るんだよねー。

 

『万灯』(まんどう)とは

まんどう、って読むらしいね。

kotobank.jp

 

↑ の、「1 数多くの灯火」の意味でしょう。ラストにそういう風景があるので。

 

実はこの『万灯』、個人的に『満願』の6作品の中で一番印象が深い。ネタバレなしでいきたいけど、満願がドラマ化されるってなって、それぞれどんな話だっけ?って思った時に、

あ、一番最初の西島さんのやつ、オチがアレなやつだ。

と思った。

 

あらすじとしては、商社マンが異国でがんばる!話。主人公がむしゃらに働いてるんだけど、無機質な仕事人間じゃない感じで好感度大。でもやっぱりちょっと狂ってるんだよね。それを西島さんが演じるんだけど!

オチが!

 

 

ちょっと怖いシーンもあるだろうなーと思います。相手役、近藤公園さんか…ハマるだろうな…怖いだろうな…。

バングラディシュの風景とか、僻地の村とか、どれくらい見られるかな?

というかあのオチは、映像でどう表現するんだろう。結局は顔芸になりそうで、西島さんー!?

 

色々なこの手の話が国際問題になるたびに、思い出してしまう話ベスト1『万灯』。

なんか、何を言ってもオチバレになってしまうので参考文献も出せないな。

米澤穂信このネタ好きなんだろうね!『氷菓』で主人公があの本読んでたし。

うん、夏にちょうどいいいのかもしれない。

 

満願(新潮文庫)

満願(新潮文庫)

 

あ、文庫と単行本だと灯りの色合いが違うんだ。(記事冒頭の写真は単行本、上記Kindle版は文庫版の表紙)

芸が細かい!

 

そしてどうやら、この『満願』のKindle版は

Amazon.co.jp: お好きな本を2冊以上購入で20%ポイント還元 キャンペーン適応されるみたいなので、まとめ買いが捗るね!

 

 

今夜10時から、お見逃しなく。

私はリアルタイムちょっと無理かもしれないので、一応録画予約してる…。

  • 14日…第1夜『万灯』(この記事で解説した内容です)
  • 15日…第2夜『夜警』(後輩の死の謎を巡る、警察官のお話)
  • 16日…第3夜『満願』(恩人が起こした殺人を巡る、弁護士のお話)

 

 

【その他、ミステリ映像化の話はこちら】

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。