きまやのきまま屋

日常、本、音楽、映画、写真のこと。趣味人のきまやがきままに書いてます。

街へ向かって【フィクション】 #死ぬまでに行きたい海

そのへんを歩いてみよう、という話になった。地元から、街へ向かって。同行者はR。いわゆる幼馴染である。けれど幼いころに口をきいたことはなかった。ずっと同じ学校で、お互いを目の端に捉えていた。十代後半になってから言葉を交わすと妙に気が合った。

 

二月にしては春のような陽気で、私の羽織ったスプリングコートに目をとめたRが言う。

「学生の頃も紺色のコート着てた」

「あれはお下がり。流行りのベージュを買ってもらえなかったから」

「目立ってたから見つけやすかった」

「今でも父は『ベージュのトレンチコートだけは着てくれるな』って言ってる」

「あいかわらず変わってんね」

「凡庸を憎む血筋で」

「呪いかも」

 

学生の頃に私たちは、「福岡の中心の駅から家まで歩いてみようツアー」を開催したことがある。西鉄電車の線路をたどっていけば、理論上は可能だった。

 

三駅目で体力の限界を感じて発作的にRを置いて電車に乗った私に対して、Rは歩き続けたらしいが、途中でなぜかJRの駅に着いたのでそのままJRに乗って帰った、とあとから聞いた。

 

「線路、途中で交差してるからね、とんだトラップだ」

「リベンジしたいけど体力がない」

「三駅で諦めるのはちょっとどうかと思う、今では」

 

どちらが何を言っても平和なもので、陽気の中をゆったり歩いていく。田んぼと川がある。学校と土手を過ぎる。

 

共通の知人の最寄り駅では、建物以上に匂いが目印になる。

「あいかわらずネギくさいね」

「どこから漂ってくるのか……」

 

高校の最寄りのTSUTAYAはなくなっていた。駅はずいぶん変わっていて、古くて愛らしい西鉄ストアもなくなっていた。私がRのために画材を買った、何屋なのか分からないお店だけがそのままあった。

にぎやかな印象の広場は閑散としていて、高架下は変わらず健全に薄暗かった。

 

「ビリヤードしたい」

「ここで行くならカラオケでしょう」

「広場で歌ってたの誰だっけ」

「I’m the one who wants to be with you!」

「もうJRの線路は過ぎたっけ」

「川と一緒に過ぎたよ」

「正しい方に来てる?」

「正しい方? 百道浜と君と室見川の方?」

「そりゃ、だいぶ西に向かうことになるね」

「タワーが見えれば可能」

「赤くない方ね」

「そう」

「最近このへんで友達ができたんだよ」

「それはよかった」

「お互い友達少ないからね」

「今でも少ない?」

「実はそうでもない」

「うん、そうでもない」

「それはよかった」

 

ダラダラ話しているうちに声が聴こえなくなったと思ったら、前方と線路だけを見ながら歩いていたせいか、いつの間にかRとはぐれてしまっていた。

線路は続いているので気にせずに歩いていく。街はもう、すぐそこだ。

 

(元ネタの本はこちら) 

死ぬまでに行きたい海

死ぬまでに行きたい海

 

 

【関連記事】

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。