きまやのきまま屋

日常、本、音楽、映画、写真のこと。趣味人のきまやがきままに書いてます。

太宰府市の東谷口池(ダム)まで行ってみた

f:id:kimaya:20220215115100j:image

そうだ、水辺に行こう。

シリーズの続きです。

大野城市の牛頸ダムは水辺公園が良いスポット

筑紫野市のダムは雄大だなぁ(天拝・山神)

東谷口池の場所

太宰府市のダムを調べていると、ダムなのに「池」という名称の場所を発見。あのへんかな、という場所の見当がついたので、行ってみることにしました。

場所は、大宰府政庁跡の奥の、坂本八幡宮の、そのまた奥の方。

kimaya.hatenablog.com

ダム情報はこちら。東谷口池[福岡県] - ダム便覧

 

ただ、正直行けないと思ってた。グーグルマップに誰も湖面の写真をアップしてないし、道は途絶えているし。

結論から言うと行けました!

道のり

私は途中まで車です。坂本八幡宮の駐車場に停め、手を合わせてから向かいます。坂本八幡宮の真ん前からスタート!

f:id:kimaya:20220224165242j:image

駐車場の梅。

(太宰府市の市バス・まほろば号をご利用の人は「大宰府政庁跡」で降り、まずは政庁跡の奥の坂本八幡宮を目指してください!

 

坂本八幡宮から、奥の方に北の方に。。。

f:id:kimaya:20220214174407j:plain

右です。え、私、四王寺の山頂を目指すの…?

こうなって

f:id:kimaya:20220214174513j:plain

住宅街はここまで。

f:id:kimaya:20220214174546j:plain

まだ右です。左の道はもう登山道みたいに細いので、コンクリをたどっていくと迷いません。

f:id:kimaya:20220214174618j:plain

気軽に来たけど、まあけっこうな登りでした。

分岐

f:id:kimaya:20220214174832j:plain

グーグルマップの突き当りは、ここ。

ここまでは車通れると思いますが、すれ違えないですね。

で、地図としては右側にあるっぽい?と思って右の道を進みます。チャリが止まってる方。車止めはあるけど歩道って書いてあるし、人間は通行止めじゃないだろうよ。

数分登ると、あった、ダム部分!

f:id:kimaya:20220214175139j:plain

 

でもこれは水辺ではないので、、、分岐まで引き返して、左に行ってみます。

(これ以上奥も行けるみたいだったけど、倒木などある山道だったのでやめておきました。自然歩道、たぶんすごく山に登るコースです)

f:id:kimaya:20220214175338j:plain

さて、さっきの分岐の立て札アップ。右に行くとダム部分が見えましたね。で、左に行くと。

f:id:kimaya:20220214175027j:plain

九州自然歩道、山です。

ハイキングにいらしたらしき二人連れとすれちがいました。そうだよね登山の格好で、二人連れで来た方がいいよね!

まあ、ちょっとだけなので…と、スウェットとスニーカーにデジカメ持って登ること5分。ありました、求めていた標識が。

f:id:kimaya:20220214175613j:plain

湖面はこちら。

f:id:kimaya:20220214175723j:plain

f:id:kimaya:20220214175808j:plain

水面が発見できたので満足です!特にきれいな水ではないけれど、とても空気がよかった。そして誰もいない。

まとめ

行けなさそうだけどちゃんと行けました。車は途中まで、チャリも余裕。でも途中からは絶対に徒歩しか無理な登山コース。

昼間ならありだけど夜は怖そう。できれば一人じゃない方がよさそう(このへんで落ち葉ですべって転んで怪我したら怖い。4Gは繋がっていたけどなんて説明すればいいんだ?)。

 

自然歩道はまだまだ続く。空気がいい。山。そして池。

そんな東谷口池でした。

 

 

【ダム関連記事】

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。