読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまやのきまま屋

日常、本、映画、猫のこと。主婦で趣味人のきまやがきままに書いてます。たまにライター。

映画『私の男』がすごい賞をもらったらしいです!しかも二冠!

映画 読書 ドラマ

映画のこと

映画『私の男』が気になっていたところ、こんなニュースを知りました。

『私の男』モスクワ映画祭で作品賞&男優賞W受賞の快挙! - シネマトゥデイ

 

邦画がモスクワ国際映画祭で最優秀作品賞を獲ったのは15年振り、最優秀男優賞を獲ったのは31年振り(二人目!)だそうです。

 

まず作品賞を獲った熊切監督についてはこちら、熊切和嘉 - Wikipedia

田口ランディの『アンテナ』を映画化した方だったんですね。最近では瀬戸内寂聴の短編が原作の映画『夏の終わり』が話題になっていました。

 

アンテナ スペシャル・エディション [DVD]

アンテナ スペシャル・エディション [DVD]

 
夏の終り [DVD]

夏の終り [DVD]

 

 

 そして男優賞の浅野忠信さん。最近大活躍ですねー。こないだまでドラマがあっていた『ロング・グッドバイ』は…浅野忠信と古田新太でギリギリ成立していたような気もするんです(小雪もよかったけど。綾野剛がもっと出てればもっとよかった)。

渡辺あや的にどうだったんだろう、あの終わり方。

 

ロング・グッドバイ ブルーレイBOX [Blu-ray]

ロング・グッドバイ ブルーレイBOX [Blu-ray]

 

 

原作のこと

ちなみに私は『私の男』の原作のファンでして。桜庭一樹の第138回直木賞受賞作ですね。これがめちゃくちゃ濃くて、面白い。

 

私の男

私の男

 

 

淳悟ーーー!!!じゅんご大好きです。生まれ変わったら花になりたい。

話の構成としては現在→過去に流れていくんですが、その遡る過程で明らかになっていく秘密の重さに息を飲みます。しかも秘密一個じゃないし。それを隠すためにまた重なる秘密…ミステリっぽい雰囲気です。最後にまさかまさかの秘密があって、それを知ってから現在の主人公に思いを馳せると…けっこうぞっとします。

 

最初は幸せな花嫁のファザコン物語かと思っていたのに、だいぶ濃いじゃないか…。

淳悟は最初の登場シーンからクズっぷり全開でカッコイイ。

 

この濃密な雰囲気を演出するために桜庭一樹は、『私の男』執筆中ずっとイエモン聴いてたって何かで読みました。ソース不明なので自信がないのですが…。読書日記のどれかだと思います。どのアルバムだったのかな。

桜庭一樹はラノベだけじゃないぞー!という作品です。力入ってます。

 

 

映画を観に行きたいと思いつつ、『私の男』は近所の映画館でやっていないので時間が作れなくて困っているところです。ユナイテッド全館でやってほしい!

これを機に上映館が増えたり、せめて上映回数が増えたり期間延長してくれないものか、期待しています!まあ多分DVD買うので、映画館にこだわってないんですが。

きまやでした。

  

botもあるよ。

 

 

映画『私の男』公式サイト

関連書籍: 

アンテナ (幻冬舎文庫)

アンテナ (幻冬舎文庫)

 
夏の終り (新潮文庫)

夏の終り (新潮文庫)

 
ロング・グッドバイ

ロング・グッドバイ

 
書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記

書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記

 

 

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。