きまやのきまま屋

日常、本、音楽、映画、写真のこと。趣味人のきまやがきままに書いてます。

2019/01/12 人気作家サミット@王様のブランチで紹介された本

王様のブランチには「人気作家サミット」っていう人気?企画があってだな

土曜の朝からバラエティを流しているテレビ番組「王様のブランチ」、数年前から本コーナーの時間が移動したので、録画して見ることもせずにいたら、なんだか出演者に芸人さんが増えてるね。

 

ところで、人気作家サミットってご存じですか?

こちらが、2014年に放送された分についての記事です。 

kimaya.hatenablog.com

記事を書き損ねましたが、2017年にも放送されてましたね、そして。

2019年1月に、またコーナー復活! 

不定期すぎる企画なので、もしかしたら人気がないのかもしれない…私はとても盛り上がるんですけどね! 

今回はメンバーが替わって、まさかの島本理生が登場しています。旬ですしね!

中村文則は消えてしまった(忙しいのかもね?!)

 

※同じメンバーでの、2/9放送の第二回については、こちら。

kimaya.hatenablog.com

 

作家が紹介した本

「2018年、印象に残った本」ということで、作家さんがそれぞれ一冊ずつ紹介してくださいました!

半分は読んだことがありましたが、意外なセレクションに感じて驚いたり。

島本理生からのオススメ

本と鍵の季節 (単行本)

本と鍵の季節 (単行本)

 

米澤さんが年末に出した新作!まだ読んでない!

えっと、古典部シリーズでも小市民シリーズでもなくて、高校生モノ。新シリーズ?かな?

男子高校生の図書室探偵モノ、とAmazonに書いてあります。

 

島本理生が食いつくってことは、それはもう、単純な青春モノでは決してないよね…って米澤穂信だから当たり前か。

朝井リョウも食いついてましたね。読みます。

【関連記事】

盆だ!『満願』だ! 第1夜は「万灯」だよ(14日から三夜連続) - きまやのきまま屋

 

その後、対談を実現させていました、びっくり。やっぱり直木賞獲ってよかったよなぁりおたん…!たまにファッション誌でも拝見してます…!米澤穂信に並べるとは、ファン感無量です。

西加奈子からのオススメ

両方になる (新潮クレスト・ブックス)

両方になる (新潮クレスト・ブックス)

 

西さんがアリ・スミスを読んでいる!素敵!

この本、作りが面白いんですよ。流通している本に2パターンあるの。先に現代の話があるか、先に古代の話があるか、運次第なの。

仕掛けについて、翻訳者さんがツイートされています。 

@shambhalian: アリ・スミスさんの『両方になる』。訳者あとがきで「ここには書けない」と中途半端な言い方をした仕掛けについて、もやもやした読了者の方がネットで情報を探せるよう、説明した文章にリンクを張っておきます。小冊子の36頁あたりです。www.shinchosha.co.jp/crest/pdf/20th…

 

「両方になる」というタイトルは、深い…と唸りました。男にも女にもなり、光にも闇にもなる。母でもあって娘でもある。生きて死ぬ。

そして文章が詩的でね。水たまりの輪っかの描写とか良すぎて目眩がしました。 

 

少し古典感があるので、外国文学の古典が好きな人にオススメ。現代ものの方がよければ、次!

村田沙耶香からのオススメ

最初の悪い男 (新潮クレスト・ブックス)

最初の悪い男 (新潮クレスト・ブックス)

 

村田さんがミランダジュライが好きって、分かる…。 

 

私こちらあまりノレなかったんですよね、面白いんだけどはちゃめちゃすぎるというか、身も蓋もない苦しい!ってなって。ちょっとアラフォー独身にはつらいものがある…とか言いつつ一気読みしたんですけど。

ただ、終わり方が絶妙にいい。

展開が怒濤でありながら、意外と本人はマイペースな面をしっかり持っているし、誰もが好きなことをしている。その伸び伸びっぷりと、思惑が外れたときの他人との衝突っぷりがすごい。

そして終わり方が絶妙にいい。

 

ところで、「日本におけるミランダ・ジュライはクレイジー沙耶香なのか本谷有希子なのか問題」にだれか終止符を打ってほしい。

まだ不明って感じでしょうか…。

朝井リョウからのオススメ

じっと手を見る

じっと手を見る

 

窪美澄きたー。『ふがいない僕は空を見た』の作家さんです。

朝井リョウは4年前はクレイジー沙耶香を激推していましたが、本人がその場にいるから推しにくいのかも…と邪推しながら見ました。そこはアナタは『地球星人』だろう、と。

 

でも、窪さんいいよね確かに。私は死ぬほど暗い『さよなら、ニルヴァーナ』か、アラサー結婚問題『やめるときも、すこやかなるときも』が好きです。 

 

新刊『じっと手を見る』は、未読。働く若者たちの仕事と恋愛、みたいな感じだと捉えています。『雨のなまえ』みたいな…?

 

読んでみたいけど、Amazonで在庫無しじゃない? 朝井リョウ効果?(発行部数少なかったのかしら、とか…)

次回も楽しみにしています 

待ちます! 

ありました!

kimaya.hatenablog.com

 

 

【関連記事】

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。