きまやのきまま屋

日常、本、音楽、映画、写真のこと。趣味人のきまやがきままに書いてます。

1冊でもう面白い漫画、7選(1冊で完結、短編集など)

さくっと気分を変えたいなーという時に重宝するのが漫画だと思うんだけど、オチが暗かったら辛くなっちゃうし、そもそも長すぎて手が出せなかったりしませんか、私はする。ハイキュー!!はいつだって一巻から読み返したい。 

 

気軽に読める漫画だからこそ、より気軽さを追求していこう、という試みです。

気分転換になる、1冊でもう、すぐに面白い。そんな漫画を集めてみました。7つ!

(※「面白い」の定義はもちろん個人の見解です)

ネムルバカ 

ネムルバカ (RYU COMICS)

ネムルバカ (RYU COMICS)

  • 作者:石黒正数
  • 発売日: 2016/02/19
  • メディア: Kindle版

『それでも町は廻っている』の石黒正数さん。それ町は16冊あるけどこちらは1冊読み切り!

 

ゆるめのシュール、バンドする女の子(と、その後輩)の日常。クリエイティブ系でもあるかも。くすぶっている系の。

「自分が社会の底辺にいるっていう自覚はあるんですよ常日頃から」 

 「妄想ってのは妄想の中でウソを演じてる限り 絶対実現することはありえないの」 

ナルシストたちの墓場

 

自称アーティストたちの「駄サイクル」っていう先輩の造語が、Twitterで軽くバズっていましたね。

最近は周りに情報が多すぎて 自分レベルの人間がどの地位止まりか早い段階で見えちゃうんですよ  

このへんのセリフが刺さる人はぜひぜひ。

バンドについてはソラニンのパターンかと思いきや林檎の方でした。成功っていったい何?

おひっこし 

おひっこし (アフタヌーンコミックス)

おひっこし (アフタヌーンコミックス)

  • 作者:沙村広明
  • 発売日: 2012/12/03
  • メディア: Kindle版
 

『波よ聴いてくれ』、『無限の住人』の沙村広明さん!この人は作風が幅広くてとても多才!ハズレないよね。

そしてこれは『ネムルバカ』より痛い…。

 

バンドもやってるけどメインは恋愛もの。サークル、幼馴染、口説き口説かれ…あれ?ギャグ?大学生がくすぶっているのが楽しいです。あと歌詞が変。途中で猛獣図鑑がでてきて、麺類は奥が深い、そんな世界観です。

 

恋愛ものだと思うんだけど…?セリフがいちいちややこしくて沙村さんっぽいです。あと表題作じゃない方の話はもっとややこしいです。そこで代打ちにはならないだろう???

あれ、オススメなのかどうか分からなくなってきたー。私は好き。  

放浪世界 

放浪世界 表紙

水上悟志短編集「放浪世界」 (ブレイドコミックス)

水上悟志短編集「放浪世界」 (ブレイドコミックス)

  • 作者:水上悟志
  • 発売日: 2018/11/05
  • メディア: Kindle版
 

『惑星のさみだれ』と『プラネット・ウィズ』の水上悟志さん!こちらは短編集。

…SF? いや、日常系も含む。で、バトルではない…と思っていたらラストに巨大な敵が出てくる(のもある)。小説みたいな印象で、絵がかわいい。

魔法のランプの話、すごく好き。あとは団地の話は『プラネット・ウィズ』が好きな人は絶対好き。 

 

子供はわかってあげない 

ごめんなさい、これは上下巻……。でもほら、kindleで一気に買えば一冊みたいなものだからさ。

たしかこちら、マンガ大賞の上位に入って話題になりましたよね。 

 

高校生の色々なモヤモヤを爽やかに、夏です。さあ、夏に読みましょう。

Amazonのキーワードは

水泳×書道×アニオタ×新興宗教×超能力×父探し×夏休み=青春(?)

どれかにひっかかればぜひ。

 

そして、映画が公開されるらしいよ。「うっかり元気になるひと夏の冒険」。

agenai-movie.jp

きみにかわれるまえに

きみにかわれるまえに

きみにかわれるまえに

 

なにかと話題なカレー沢さん、、、最近の代表作は孤独死もの『ひとりでしにたい』でしょうか。尊敬できる腐女子ですね!

 

『きみにかわれるまえに』はペットがメインの連作短編集。犬と猫。何回泣くの私???みたいになりますが、これぞリアル!でもあるので、動物好きな人には読んでほしいと思います。

 

 

と、ここまでは意外に読みやすい感じのものを。

 

ここからは私の本棚の殿堂入り漫画になります。 

この世の終りへの旅 

この世の終りへの旅

この世の終りへの旅

  • 作者:西岡兄妹
  • 発売日: 2003/12/01
  • メディア: コミック
 

西岡兄妹のシュールさにハマっていた時期がありました。中でも物語として好きなのがこれ。

会社に行きたくないときにどうぞ。(新卒の時からずっと読んでます) 

うたかたの日々 

うたかたの日々

うたかたの日々

 

単純に『うたかたの日々』が好きすぎて、色々含めて3冊持ってます!原作よりもオススメしたくなっちゃう漫画版。

 

元ネタはこちら。

訳者さんが光文社は野崎歓、ハヤカワは伊東守男なので、好きな方の訳で読んでね! 話し言葉がきれいなのは野崎さん。

うたかたの日々 (光文社古典新訳文庫 Aウ 5-1)

うたかたの日々 (光文社古典新訳文庫 Aウ 5-1)

  • 作者:ヴィアン
  • 発売日: 2011/09/13
  • メディア: 文庫
 
うたかたの日々 (ハヤカワepi文庫)

うたかたの日々 (ハヤカワepi文庫)

 

 

他にもオススメがあれば教えてほしいです!

 

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める
マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める
開発元:HAKUSENSHA.INC
無料
posted withアプリーチ

【関連記事】

kimaya.hatenablog.com

kimaya.hatenablog.com

【注意】画像の転載・無断引用は禁止させていただきます。文章についても同様に、許可のない転載はおやめください。